フラグメント分子軌道法入門 - 中野達也

フラグメント分子軌道法入門 中野達也

Add: runal32 - Date: 2020-12-01 23:15:04 - Views: 1442 - Clicks: 1291

;20:1-6 (所外へのリンク). アドバンスソフト. フラグメント分子軌道法(フラグメントぶんしきどうほう、英: Fragment Molecular Orbital method )、略してFMO法は、分子系をフラグメントに分割し、周囲のフラグメントからの静電ポテンシャルを考慮してフラグメントとフラグメントペアの電子状態を計算し、得られたフラグメントとフラグメント. フラグメント分子軌道法プログラムABINIT-MPにおける2電子積分ルーチンの高速化ならびに並列化と性能評価 並列タイトル (alternative) Improvement, parallelization and performance evaluation of routines for electron repulsion integrals in fragment molecular orbital method program ABINIT-MP 著者 (creator) 稲富雄一. モチズキ,ユウジ 並列.

中野達也, 望月祐志, 福澤薫 J. フラグメント分子軌道法プログラムABINIT-MPにおける2電子積分ルーチンの高速化ならびに並列化と性能評価. フラグメント分子軌道法入門 - 中野達也 【書籍】 フラグメント分子軌道法入門 ― abnit-mpによるタンパク質の非経験的量子化学計算 ― 著者: 中野達也 谷森奏一郎 加藤昭史 小池上繁 雨宮克樹 福澤薫: 定価 ¥3,300 (税込) 形態: a5版/126頁/ソフトカバー/付録cd付: 発行所: アドバンスソフト: 発行日:. 所属 (現在):立教大学,理学部,教授, 研究分野:理工系,原子力学,有機化学,中区分28:ナノマイクロ科学およびその関連分野, キーワード:シミュレーション,フラグメント,分子軌道法,電子相関,分子動力学シミュレーション,結合クラスター展開,多体摂動論,水和凝集系,並列処理,水和反応, 研究課題.

フラグメント分子軌道法(fmo)計算用のabinit-mpプログラムを開発している。フラグメント間相互作用エネルギー(ifie)のリストはfmo計算から取得でき、特定のターゲットシステムでの相互作用の性質を分析するのに役立つ。 本稿では、abinit-mpの現在の状況と、ifieデータの機械学習支援分析を. 呪われた美 : 新・美術入門 フォーマット: 図書 責任表示: 中本達也著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 三省堂, 1970 形態: 158p : 図版 ; 18cm 著者名: 中本, 達也 シリーズ名: 三省堂新書 ; 82 書誌id: bn10514382. 5 部分規格化による高次のエネルギー補正 129: 7. Comput Aided Chem. フラグメント分子軌道(fmo)法の創薬における分子シミュ レーションへの応用 プロジェクト責任者 岡崎 浩輔 キッセイ薬品工業株式会社 著 者 小沢 知永*1、小澤 基裕*1、半田 千彰*1、神原 実季恵*1、辻 英一*1、岡崎 浩輔*1、 新宮 哲*2、数納 広哉* 2、上原 均* *1 キッセイ薬品工業株式会社. 中野 達也 研究期間 (年度). 1a14 フラグメント分子軌道法におけるpost-hf 計算の高速化 (立教大1、jst-crest2、nec ソフト3、国立衛生研4、神戸大院5) 望月祐志1,2、山下勝美3、中野達也2,4、田中成典2,5 【序】 北浦ら1によって提案されたフラグメント分子軌道(fmo)法は、タンパク質や水和凝集.

柴山, 悦哉(1959-) 桜川, 貴司(1960-) 萩野, 達也 シリーズ名: 岩波コンピュータサイエンス 書誌id: bnisbn:子書誌情報. 国立医薬品食品衛生研究所 医薬安全科学部 第四室長(年度) 推定関連キーワード:シミュレーションソフトウェア,ロボット,フラグメント分子軌道法,生体分子計算,知識ベース 推定分野:機械工学,化学. 4 密度行列の評価 128: 7. 稲富雄一†1 中野達也. フラグメント分子軌道(FMO)法の創薬に おける分子シミュレーションへの応用 地球シミュレータ産業利用シンポジウム 小澤 基裕* 1、小沢 知永*1 、半田 千彰* 、 辻 英一*1 、岡崎 浩輔*1 、 新宮 哲*2 、数納 広哉*2 、上原 均*2 *1 キッセイ薬品工業株式会社 創薬研究部創薬基盤研究所 *2 独立行政. BioStation 応用編. ABINIT-MPによるフラグメント分子軌道(FMO)計算入門 インストラクター:小林将人(アドバンスソフト(株)) 実習形式(定員50名、PC持込) 15:30-17:30.

平成22年(128) 提供制限 インターネット公開 原資. 6,. 中野 達也 国立医薬品食品衛生研究所の論文や著者との関連性. 第7章 フラグメント分子軌道(FMO)法とは 118: 7. 研究実施の概要 現実的なサイズの蛋白質の電子状態解析に適用可能なフラグメント分子軌道(fmo)法 の開発と実装を進めている。まず、fmo法を高精度化し信頼性を向上させるため、3体展 開fmo法と多階層fmo法を開発し、この.

312,have proposed an ab initio fragment molecular orbital (FMO) method by which large molecules such as proteins can be easily treated with chemical accuracy. 7 形態: viii, 269p ; 21cm 著者名:. 北浦和夫 掲載.

分類 非経験的分子軌道法プログラム、ドッキング・プログラム、分子モデリング キーワード ab initio FMO法、MP2、MP3、XUFF、タンパク質、3D分子構造表示、 リガンド、結合実験、部分構造最適化 開発者 中野達也、望月祐志、沖山佳生、山下勝美、守田伸明、福澤 薫、加藤昭史、 佐藤智之、渡辺. 8 図書 フラグメント分子軌道法入門 : abinit-mpによるタンパク質の非経験的量子化学計算. フラグメント分子軌道法による分子内・分子間相互作用解析 国立医薬品食品衛生研究所 中野達也. 非経験的分子軌道法(ab initio MO method) 1.

「フラグメント分子軌道法による生体分子計算システムの開発」 1. タイトル 著作者等 出版元 刊行年月; フラグメント分子軌道法入門: 中野達也, 谷森奏一郎, 加藤昭史, 小池上繁, 雨宮克樹, 福澤薫 著. 10: isbn:: 本書は. ABINIT-MPは、フラグメント分子軌道(FMO)計算を高速に行えるソフトウェアです。専用GUIのBioStation Viewerとの連携により、入力データの作成~計算結果の解析が容易に行えます。4体フラグメント展開(FMO4)による2次摂動計算も可能です。また、部分構造最適化や分子動力学の機能もありま. 富士総研 稲富雄一,中野達也,北浦和夫,長嶋雲兵. 質全電子計算 大型計算機を用いた大規模蛋白質全電子計算 補足:結びにかえて) 第2部 フラグメント分子軌道法 プログラム ABINIT‐MP(フラグメント分子軌道(FMO)法とは ABINIT‐MP/BioStation Viewerのインストール まずは計算してみよう タンパク質・DNAのFMO計算. &202;9&218; H I < I elecE I < I (1) &206; &206; &226;< I &234;9&216; U A Q o &233; D G4P 9&216; elec E. prolog-kaba入門 フォーマット:.

主題: プログラミング用言語: 分類. 文献「ポアソン・ボルツマン方程式に基づくフラグメント分子軌道計算への溶媒効果の取り込み」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. • フラグメント分子軌道法入門 ― ABNIT-MPによるタンパク質の非経験 的量子化学計算 ―、中野達也、谷森奏一郎、加藤昭史、小池上繁、雨宮 克樹、福澤薫 著、アドバンスソフト() • プログラムで実践する 生体分子量子化学計算 ProteinDF/ABINIT-MPの 基礎と応用、佐藤文俊、中野達也、望月祐志. フラグメント分子軌道法(FMO method)の手順 2. 中野達也,望月祐志,福澤薫,沖山佳生,渡邉千鶴: Bond detached atom (BDA) を共有しているフラグメント間の相互作用エネルギーの補正に関する試み II :ラジカル開裂補正. J.

FMO法で得られる情報 【文献】. 3 形態: 312p ; 22cm. 一般社団法人情報処理学会 Ab initioフラグメント分子軌道(FMO)法は, 巨大分子の電子状態計算を目的として北浦ら(Kitaura, 1999)によって提唱された計算手法である.

Ab initio フラグメント分子軌道(FMO)法 は,巨大分子の電子状態計算を目的として北浦ら (Kitaura,1999)によって提唱された計算手法である.従来の方法では分子サイズの4乗に比例し ていた計算量が,FMO法では2乗に比例するために,大幅に計算時間が短縮できる.この. Created Date: 7. 1c01 フラグメント分子軌道法における大規模post-hf 計算 (立教大1、jst-crest2、東大生産研3、国立衛生研4、アドバンスソフト5、九州大院6、 産総研7、nec ソフト8、みずほ情報総研9、東工大院10、神戸大院11) 望月祐志1,2,3、 中野達也2,4、田中皓3,5、石川岳志1,2、三好永作2,6、古明地勇人2,7、山下. フラグメント分子軌道法を用いたspin-component-scaled MP2法に基づくタンパク−リガンド相互作用クラスター解析 甘利 真司, 望月 祐志, 加藤 昭史, 福澤 薫, 渡邉 千鶴, 沖山 佳生, 田中 成典, 中野 達也.

1.フラグメント分子軌道法1−7) FMO法では,分子を Nf 個のフラグメント(モノマー) に分割したときの,モノマーI のハミルトニアンを. フラグメント分子軌道法 を. フラグメント分子軌道(fmo)法のバイオ・ナノ分野への応用 Abstract Kitaura et al. FMO-MD法 : フラグメント分子軌道法による分子のダイナミクスシミュレーション 並列タイトル (alternative) FMO-MD : ab initio Fragment Molecular Orbital-based Molecular Dynamics Simulation 著者 (creator) 古明地,勇人. 望月,祐志 著者よみ (creatorTranscription) コメイジ,ユウト. 国宝建築探訪 フォーマット: 図書 責任表示: 中野達夫著 言語: 日本語 出版情報: 大津 : 海青社,. 並列フラグメント分子軌道(FMO)計算プログラムABINIT-MPの2電子積分ルーチンの高速化ならびに並列化を行い、その性能評価を. ポストゲノムが現実となった現在、ゲノム情報を有効に活用し、医薬品の開発等に結びつけることは極めて重要な課題である。これまでタンパク質やdnaといった生体高分子の機能を分子シミュレーションで解析するには.

中野達也, 望月祐志, 甘利真司,小林将人,福澤薫,田中成典, "フラグメント分子軌道法に基づいた生体巨大分子の電子状態計算の現状と今後の展望", J. 中野 達也 科学技術振興機構(jst)crest 中野 達也 国立医薬品食品衛生研究所医薬安全科学部 中野 達也 国立医薬品食品衛生研究所:jst-crest. 元データ 所属 国立医薬品食品衛生研究所 関連著者. 6 フラグメント分子軌道法との関係 131.

保健物理 / アクチニド / フラグメント分子軌道法 / 分子動力学法 / fmo / md / 保険物理 / 分子動力学 / 相互作用エネルギー / タンパク質 / dna / 環境安全 / 生物物理化学 / 量子化学計算 / 機械学習 / 生物物理 / 生体分子 / シミュレーション / バイオテクノロジー. フラグメント分子軌道(FMO)法の現状と未来展望: 英語タイトル-著者: 中野達也: 所属 : 医薬品食品衛研: 団体著者-資料名: 日本農芸化学会大会講演要旨集: 発行年・月・日:: 巻号特殊号: : JST資料番号およびその他コード: Z0677A: cw: 分子軌道法, ブンシキドウホウ, molecular orbital method. このFMO法におい. 2 Moller-Plessetの摂動論 124: 7. FMO法での分子の分割 3. フラグメント分子軌道法 関連項目 量子化学計算化学第一原理計算分子軌道法X-Pol: the Explicit Polarization Theory(英語版)参考文献佐藤文俊、中野達也、望月祐志、「プログラムで実践する生体分. BioStation 応用編: 応用事例に基づいたFMO計算解析ノウハウ インストラクター: 福澤 薫(みずほ情報総研(株)) 中野達也.

中野 達也 科学技術振興機構(jst)crestの論文や著者との関連性. 年2月. 4 図書 分子の世界. 2) フラグメント分子軌道法による生体高分子の計算 著者 中野達也 出版者 厚生労働省 出版年月日掲載雑誌名 国立医薬品食品衛生研究所報告. HI として次のSchr&246;d nger方程式を解く. 4 / 18 &225; 4 &233;Schr&246;dinger &199;$ |. FMO法の計算量 4.

ナカノ タツヤ (Tatsuya Nakano) 更新日: /11/14 研究キーワード ; 研究分野; 経歴; 学歴; MISC; 書籍等出版物; 所属学協会; 共同研究・競争的資金等の研究課題; 基本情報 所属 厚生労働省 国立医薬品食品衛生研究所 医薬安全科学部 第四室 室長 学位 博士(理学)(筑波大学大学院) J-GLOBAL ID. フラグメント分子軌道法(FMO法)による一本鎖DNAと結合タンパ ク質の相互作用解析、ポスター; 古明地勇人、 沖山佳生、 望 月祐志、福澤薫 応用物理学会春期年会、 東京; Theoretical Study on H Intercalation into Buffer Layer Grown on SiC(0001. (1) フラグメント分子軌道法プログラムabinit-mpの創薬への応用、中野達也(国立衛研) (2) 大学におけるcadd講習会の試みと今後への期待、日向寺(合田)祥子(東海大) (3) 創薬インフォマティクス講座を開催している経験から、広川貴次(産総研). 従来の方法では分子サイズの4乗に比例していた計算量が, FMO法では2乗に比例するために, 大幅に計算時間が短縮できる.

1 FMO法の基礎 118: 7. 3 分子積分によるMP2相関エネルギーの表式 126: 7. フラグメント分子軌道法(FMO法)の簡単な解説 年11月16日 古明地勇人 0. 3 図書 選択的多重同位体標識法による高極性分子の構造解析と励起状態動力学 中垣良一 フラグメント分子軌道法入門 - 中野達也 9 図書 新・分子の世界. フラグメント分子軌道(fmo)法は、1999年に北浦 和夫(現 京都大学 教授)によって提案された生体分子系に対する効率的な計算手法で、巨大系を比較的小さなフラグメントに分割し、各フラグメント・モノマーとダイマーの分子軌道計算を並列処理することにより、全系の電子状態をこれまで. 中野 達也 国立医薬品食品衛生研究所. 3p-063 赤血球凝集反応実験とフラグメント分子軌道法計算に基づくインフルエンザヘマグルチニンの変異予測(蛋白質-機能(反応機構,生物活性など),2sp6生体高分子の電子構造解析スーパーコンピューティングへ向けて,シンポジウム,第47回日本生物物理学会.

佐藤 文俊/中野 達也/望月. 大理6) 沖山佳生1, 渡邉博文2,3, 福澤薫4, 中野達也3,5, 望月祐志3,6, 石川岳志3,6, 田中成典2,3, 蛯名邦禎2 1. 福澤薫, 青木孝造 中野達也 北浦和夫 中田琴子 森川馨, "フラグメント分子軌道法を用いた核内受 容体とリガンドとの相互作用の理論的研究", 分子構造総合討論会 (年10 月,神戸) 2.

米国特許法入門 フォーマット: 図書 責任表示: 斉藤達也著 ; マイナク・メータ執筆協力 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 法学書院,. 神戸大学大学院システム情報学. サブテーマリーダー:中野 達也 国立医薬品食品衛生研究所 主任研究官.

フラグメント分子軌道法入門 - 中野達也

email: lisozyv@gmail.com - phone:(611) 849-7023 x 5679

VRは脳をどう変えるか? 仮想現実の心理学 - ジェレミー ベイレンソン - 宮沢賢治全集 宮沢賢治

-> そこに愛がありますように - 渡辺真子
-> 新・ものがたり日本歴史の事件簿 第2期 全6巻

フラグメント分子軌道法入門 - 中野達也 - 頭山ゆう紀写真集 頭山ゆう紀 さすらい


Sitemap 1

森をはかる - 森林科学編集部 - 傷だらけの天使 丸山昇一